★坂本龍馬 暗殺事件

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,806
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『坂本龍馬 暗殺事件』について
                              
    『坂本龍馬 暗殺事件』について
    概要
    幕末、新国家建設のため積極的に活動していた坂本龍馬は、その斬新な構想が真の意味で理解されず、複数の勢力から狙われていた。
    坂本龍馬は慶応3年11月15日(1867年12月10日)午後8時過ぎ、風邪を引いて蛸薬師で醤油商も営む近江屋新助宅母屋の二階にいたところ、十津川郷士と名乗る男達数人に切られ、その後すぐに死亡したとされている。当日一緒にいた陸援隊の中岡慎太郎と龍馬の護衛役の藤吉も切られ死亡した。中岡は重傷を負うが数日間は意識があり、事件の証言を残したとされている。
    暗殺当時の現場に残された鞘などの物証などから、新選組の者による犯行説や、また見廻組実行説など様々な説があがった。
    しかし明治3年、新選組と並ぶ京都の幕府治安警察だった見廻組の元隊士である今井信郎が、龍馬暗殺の犯人として逮捕された。その時の今井の証言によると、近江屋に踏み込んだのは見廻組の侍7人で、殺害の理由としては、龍馬が以前「寺田屋」で拳銃で捕り方を射殺したからだと言っている。しかしその後、今井は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。