生活科概論1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数524
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設 題
     ⇒「生活科の目標をふまえた『子どもの遊びの中から生まれる実践』について考察するとともに、考察した実践についての学習指導案を作成せよ(学年は第1学年でも第2学年でもかまわないが、本時の指導上の留意点を、特に詳細に作成すること)。」
     第1章:『子どもの遊びの中から生まれる実践』についての考察 
    生活科では、内容の1つに「遊び」が含まれているという他とは違った特徴がある。これは、単に「遊び」を学習に取り入れるということではない。それは、「遊び」独特の自由で、問題解決的であるという特徴を学習活動に生かすということである。
    「遊び」には、新発見や、色々なことに挑戦する面白さ、それぞれの考えを持って予想と結果に一喜一憂する面白さがある。子ども達が何か探す、作る、じ~っと見つめたりと、目を輝かせている時は、そこに大きな気付きや発見があるということである。そして、そこから子ども「学び」がスタートする。また、子どもは自らの予想が外れると自分が納得いくまで、繰り返し挑戦してみる。このような特性を持つ「遊び」、それは子どもたちにとっては完全なる「学び」であり、その追求は「問題解決の過程」に繋がる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。