生涯学習概論~科目最終試験ヤマ当てセット~

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,498
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「生涯学習の方法・形態・評価及びアンドラゴジーの活用について論述せよ。」
     生涯学習の方法には、集合学習・個人学習・学習メニュー方式の3つがある。
    集合学習は集団の質によって集団学習と集会学習に二分できる。
    前者は、学級・講座を組織したりグループ・サークルで学ぶ形態である。ここでの学習者の質はメンバーにほぼ共通の関心があり、相互にコミュニケーションを図りながら集団としての目標を達成しようとするものである。
    後者は、講演会、講習会・実習会、演奏会、映画会、展示会などを利用した学習形態がある。集会学習では参加者は孤立しがちであるが、集団に縛られずに自分の関心を満たすことができる。
     個人学習を組織的に支援する機会は主に2つある。
    ひとつは、個人で入手できる学習メディアを提供し支援する方法である。この方法には通信教育と放送教育がある。
    もうひとつは、個人で施設を利用する学習を支援する方法である。図書館・博物館での学習である。
     学習メニュー方式とは、上記で述べたような集合学習と個人学習をはじめから組み合わせて生涯学習を支援しようとする形態である。これは、行政によって作成された学習メニュー一覧..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。