教育学入門2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数463
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「あなたが今日の教育が直面している最も大きな課題と思うものを一つ挙げ、それと教育との関連について述べなさい。」
     私が、今日の教育が直面している最も大きな課題だと考えたのは「学歴社会と子ども」についてである。昨今の日本の風潮を見ると、いわゆる「お受験戦争」の真っ只中である。この「お受験戦争」によって、子どもは幼少期から塾や英会話、家庭教師等の多くの習い事による多忙な生活を送っている。そして、早い子は幼稚園からお受験をし、いわゆる一流大学への布石を形成していく。この間の学校という場は本来勉強だけでなく、他者との絆の生成や人間性や個性の研磨、興味・関心の発見等の様々な事を行う場である。しかし「お受験戦争」の真っ只中にいる子どもはそうはいかない。学校に着けば勉強が始まり、テストがあれば大々的に成績や順位が発表され、子どもの間に優劣が付けられる。この優劣により、子どもの間では他者との競争心が駆り立てられ、黙々と勉強する。これでは友達を作ったり、家に帰ってから友達と遊んだりする暇はない。そして、いざ高校や大学に進学する際、興味や関心の対象が見つからず、仕方なく親や教師に勧められた学校に入学し、一..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。