教育原論2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数645
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設 題
     ⇒「ジョン・ロックにおける子どもの教育論、特に習慣形成や賞罰法を中心に述べよ。」
     今回のレポートで、ジョン・ロックの教育論を考察する前に、ジョン・ロックの生涯を見ておこうと思う。
    ジョン・ロックは、1632年イングランド西部で生まれる。ウェストミンスター・スクール、オックスフォード大学クライスト・チャーチで学業を修める。その後、1675年に医師となり、さまざまな出来事に巻き込まれながら1704年10月28日にこの世を去る。著書は「寛容に関する書簡」「人間知性論」「統治論二編(市民政府二論)」「教育に関する考察」など。
     次に、本題であるジョン・ロックの教育論について考察していこうと思う。
    1、タブラ・ラサ(精神白紙説)・・・タブラ・ラサとは、心の中には生まれながらに刻みつけられた概念や原理などはないという考えこと事である。この考えに従えば、子どもは生まれた時はまだ何の概念も持っていないということになる。子どもは成長するにつれて、教育によってさまざまな概念を獲得するようになるのであり、これは経験主義的な考えと言い得る。
     また、ロックは子どもの教育はまず感覚的訓練から始めるよ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。