教育原論1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数386
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設 題
     ⇒「ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。」
     今回のレポートで、ペスタロッチーの教育学について考察する前に、ペスタロッチーという人間の生涯をまとめておこうと思う。
    「世界の教育者」と呼ばれるヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチーは、1746年スイスのチューリッヒで生まれた。ペスタロッチーは、母スザンナと、家政婦バーベリーの全身全霊の愛を受けて育つ。そして、ラテン語学校、コレギウム・フマニタティス(人文大学)、コレギウム・カロリヌームに在籍。その後さまざまな過程を経て1774年貧民院(貧民学校)を設立し、教育活動を開始した。ペスタロッチーは初めて貧困、あるいは大衆の子供を教育の対象として位置付けた。大衆の子供たちは教会に作られた学校に通っていたが、文字を覚えたり、本を読んだりしていただけである。この時代の本とは聖書のことである。人格形成まで考えた組織的教育であるのならば、初めて大衆も子供たちを位置付けたのがペスタロッチーである。その後、ペスタロッチーは「隠者の夕暮れ」「リーンハルトとゲルトルート」「人間の発達における自然の歩みについての私の探求」「シュタンツ滞..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。