道徳教育~科目最終試験ヤマ当てセット~

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数936
ダウンロード数33
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「道徳教育の意義について述べよ。」
     道徳教育とは、社会において人々が善悪正邪を判別し、正しく行動するための規範であり、人のふみ行うべき道である道徳を子ども達に教え、一定の社会において、それぞれの支配的価値観に基づいて、意識の形態を形成し、行動の様式や性格を育てることを目指して行われる道徳である。
    人間は、等しく「人間として生きる資質」をもって生まれ、それは人間社会の様々なかかわりを通し開花し、固有の人格が形成される。その過程で「人間としての在り方・生き方」を自問することにより人格は磨かれる。本来、人間は「よりよく生きたい」という願望をもっており、この実現を目指して生きようとするところに道徳が成り立つ。また道徳教育とは、そのような実践を環境とのかかわりを深めることを通し行う人間の育成を目指し、その基盤となる道徳性を養うもので、教育が「人格の完成」を目指している以上、すべての教育活動が道徳教育と関係をもつのである。そして、この部分に道徳教育の意義があるのである。
    近年,生命を大切にする心や思いやりの心などの倫理観や規範意識,社会性の育成などが十分ではないとの指摘がなされています。このため,学校,家庭,地域が十分連携を図りながら,子どもたちの豊かな人間性や社会性などをはぐくむ道徳教育の充実がますます重要になっています。
    「人間にとって、道徳がなぜ必要なのかについて述べよ。」
    道徳とは、「ある社会で、人々がそれによって善悪正邪を判断し、正しく行為するための規範の総体。法律とは違い外的強制力としてではなく、個々人の内面的原理として働く者をいい、また宗教と異なって超越者としての関係ではなく人間相互の関係を規定するもの」であり、「人のふみ行うべき道。ある社会で、その成員の社会に対する、あるいは成員相互間の行為を規制するものとして、一般に承認されている規範の総体。法律のような外的強制力を伴うものでなく、個人の内面的なもの」と述べられており、法律により拘束されないが、人間としての生きる道であり、人それぞれの内面の中に存在するものである。また、道徳は時として、社会維持のために、社会的進歩を押しとめようと作用する場合がある。
     例えば、最近、特に若者の間に増えている考え方に、「他人に迷惑をかけなければ何をしてもよい」というものがあります。その考えで生活をする人を通称「自己中」と言います。彼らは、公衆の面前であくびをする、電車の中で化粧をするなどをして、それを注意しても、「誰に迷惑をかけているの?」と聞くのです。確かに、誰かに直接的な危害を加えているわけではないでしょう。しかし、このような人は、本当の意味での道徳を学んでいないと言えます。つまり、公共の場で個を優先することは、マナー違反だという当然のことが学べていないわけです。人間は、生きる際に、何らかの形で他人に迷惑を掛けたり、協力をしてもらっています。それを否定するならば、文明を否定しなければいけません。文明を否定しても、自分がここに存在するためには、両親が必要なことから分かるように、人間が人間である限り他人の世話にならなければいけないのです。そう、「人に迷惑をかけない」のではなく、「人のためになる」ことをしないと、永久に赤字なのです。
    「第二次世界大戦以後の道徳教育について述べよ。」
     第二次世界大戦の終了とともに、日本の教育理念に関する論争が始まった。これは「教育勅語」か「教育基本法」かの論争とも言える。その後、文部省は「新日本建設ノ教育方針」を出したが、戦前と同様、「国体護持」、「教育勅語」の色が消えていなか

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「道徳教育の意義について述べよ。」
     道徳教育とは、社会において人々が善悪正邪を判別し、正しく行動するための規範であり、人のふみ行うべき道である道徳を子ども達に教え、一定の社会において、それぞれの支配的価値観に基づいて、意識の形態を形成し、行動の様式や性格を育てることを目指して行われる道徳である。
    人間は、等しく「人間として生きる資質」をもって生まれ、それは人間社会の様々なかかわりを通し開花し、固有の人格が形成される。その過程で「人間としての在り方・生き方」を自問することにより人格は磨かれる。本来、人間は「よりよく生きたい」という願望をもっており、この実現を目指して生きようとするところに道徳が成り立つ。また道徳教育とは、そのような実践を環境とのかかわりを深めることを通し行う人間の育成を目指し、その基盤となる道徳性を養うもので、教育が「人格の完成」を目指している以上、すべての教育活動が道徳教育と関係をもつのである。そして、この部分に道徳教育の意義があるのである。
    近年,生命を大切にする心や思いやりの心などの倫理観や規範意識,社会性の育成などが十分ではないとの指摘がなされています。このため..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。