教育原論~科目最終試験ヤマ当てセット~

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数837
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「コメニウスの教授学や一斉授業について述べ、現在の学校教育における意義を考察せよ。」
     まず、コメニウスの教授学について述べる。コメニウスは全ての青少年の教育の為に、全ての子どもが貧富の別、男女の別、身分の別なく学校へ通い、教育を受けることの必要性を説いている。
     人間の教育は少年時代に発足され、教育の順序は子どもが受容可能なように段階的でなければならない。また、一歩一歩段階的に教えるためには、統一的で体系的なカリキュラムが求められる。そして、一旦学校へ送られた子どもは、カリキュラムに従って知識・道徳・敬虔を修得するまで教育を継続しなければならない。
     また、すべての子どもが学習可能な「教材」が必要である。コメニウスによると、学校で使用される教材は、計画的に組織されねばならず、教材作成において、まず容易な内容から始めて、次第に難しい内容へと進まねばならず、決して急いではならない。また、子どもが自発的に学習するように、子どもの内面に働きかけることも重要であり、子どもの理解能力を超える教材を教え込むことは禁じられる。
     そして、コメニウスの教授学においては、「直観」が重視される。学校の教室では、絵画や図表などを掲げ、子どもの五感に訴えて教えることが望ましい。
     次に、コメニウスの一斉授業について述べる。コメニウスは効率よく教育を行うために、一人の教師が多数の生徒に対して一斉に集団的に教育することを主張する。教壇からは全生徒の姿が見渡せ、その上で教師は生徒の関心を生じさせ、生徒の感覚に訴えかけるように教えなければならない。また、教師はしばしば生徒に対して質問を発し、彼らの理解を絶えず確認しなければならない。また、この教授法ではすべての生徒が同じ教科書を用いる。
     最後に、コメニウス教授学の意義を述べる。コメニウスの教授学は従来の金持ちのみが学べる教育体制を崩し、全ての子どもが学べる教育体制を築き上げた。また、効率よく知識を修得できる教授学を開発した。これは、現代の教育にも通じる大きな意義である。
    「ソクラテス的対話術(産婆術)について述べ、ソクラテスの教育学的意義について考察せよ。」
     ソクラテスは真の知を獲得するために、対話しあうことが知への道であり、最も有効な教育方法でもあると考えた。ソクラテスの対話術は、一般に産婆術(助産術)と呼ばれている。これは、産婆が妊婦が子を産むのを手助けするように、教師の役割は学習者自身が真の知を生み出すのを手助けすることに他ならないということである。そもそも、全ての人は生まれながら道徳的に善悪を判断する能力を有しているのだが、ソクラテスの産婆術はこの能力をひとりひとりが自分で伸ばすように、教師が手助けすることを企図している。
     ソクラテス的対話の教育学的意義を述べる。我々の道徳的知識は教師が外面的に教えて学習者に身につくものでは決してない。学習者が自分自身で努力して、自己の内にある才能を伸ばすように手助けするのが教師の役割である。重要なことは、学習者が自分自身で思考し、判断し、行動する能力を身につけることである。すでに出来上がった知識を無批判的に受け入れるのではなく、自分自身で真理を探究する態度を育成する。教育とは、適切な質問を行うことによって、学習者が自分自身で知を生み出すようきっかけを与えることである。教育は単なる知識の賦与ではなく、学習者自身の思考の発展を目指すものである。教師にできることは、学習者が自分自身で善の知に振り向くように手助けすることにすぎないのである。
    「公教育成立の歴史的変遷について述べ、現在にお

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「コメニウスの教授学や一斉授業について述べ、現在の学校教育における意義を考察せよ。」
     まず、コメニウスの教授学について述べる。コメニウスは全ての青少年の教育の為に、全ての子どもが貧富の別、男女の別、身分の別なく学校へ通い、教育を受けることの必要性を説いている。
     人間の教育は少年時代に発足され、教育の順序は子どもが受容可能なように段階的でなければならない。また、一歩一歩段階的に教えるためには、統一的で体系的なカリキュラムが求められる。そして、一旦学校へ送られた子どもは、カリキュラムに従って知識・道徳・敬虔を修得するまで教育を継続しなければならない。
     また、すべての子どもが学習可能な「教材」が必要である。コメニウスによると、学校で使用される教材は、計画的に組織されねばならず、教材作成において、まず容易な内容から始めて、次第に難しい内容へと進まねばならず、決して急いではならない。また、子どもが自発的に学習するように、子どもの内面に働きかけることも重要であり、子どもの理解能力を超える教材を教え込むことは禁じられる。
     そして、コメニウスの教授学においては、「直観」が重視される。学校の教室..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。