教育社会学①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数43
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ』
    ―はじめに―
     現在、日本の就職活動では「新卒ブランド」という言葉があるように、大学生による就職活動は、学生生活の重要な要素であることは一般的に認識されていることである。また、「いい大学」に進学することが、就職に有利であると考えられ、親は子どもに、子どもは子どもなりに「いい大学」に入ることを目的とした勉強をしていることも同様に認識されていることであろう。つまり、よりよい学歴を持つことで、その人の価値が図られ、決められていく社会に対して、「学歴社会」と呼ばれることが多い。
    これまで「学歴」というと、上記のような認識のもと求められてきたが、一方で最近では、ひどく憎悪感を抱くものである。例えばテレビなどで「高学歴をもたない人物が出世するストーリー」などに共感し、視聴率も高い番組が多い。このように一般的に考えられている学歴社会について、なぜ学歴社会が続けられてきたのか、またその課題について、主にテキスト第2章を参考にしながら、論じていきたい。
    ―学歴社会―
    学歴社会とは、「社会におけ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。