学校教育課程論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数61
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題:教育課程とは何かについて、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめなさい。
    ―はじめに―
    教育課程とは、学校教育法によって定められた学校教育の目的や目標を達成するために編成され、教育内容を生徒・児童の心身の発達に応じて授業時数との関連において学習指導要領に示された内容を総合的に組織したものである。簡単に言い表すと、各学校で行われる教育計画のことである。1947年から作られている学習指導要領は、常に時代や社会の変化によって求められる教育のあり方に伴って改訂を重ねており、教育課程はその学習指導要領をもとに教育の現場で編成されてきた。つまり、教育課程とは、時代に合わせてその姿やかたちを変えてきたといえる。今回は、テキスト第1章及び、第2章を中心として、その変遷や、今日的課題について考えていきたい。
    ―3度の教育改革―
    わが国は、これまで大きく3回の教育改革を実施してきた。1回目の教育改革は明治の学制配布に伴う教育改革であり、国民に教育を受ける機会を保障することが大きな柱となった。2度目の教育改革は、戦後の義務教育及び民主教育の発足に伴う改革であった。これによって、子どもたちの進学率..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。