教育相談の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数151
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育相談の研究(約2900字)
    設 題
    『学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい』
    ―はじめに―
    近年、子どもを取り巻く環境は「いじめ、非行、不登校」など、まさに社会問題を反映するかのように深刻化しており、家庭・地域・学校が協働で解決を目指すことが求められている。教師は、このような社会問題のなか生きる子どもたちの心情を理解し、個別に適切な指導・援助を行うことにより、健やかな成長・発達を支援する「教育相談」、つまり「学校カウンセリング」といった、高度な技術を身に付けることが求められている。「学校カウンセリング」について、その意義や方法、課題について、ここで考えていきたい。
    ―カウンセリングの概念―
     一言でカウンセリングといわれるものには、専門的な知識を必要としない「広義的」な概念と、専門的な知識を必要とする「狭義的」な概念がある。前者は、専門的知識がなくても、その人に素質があり、人生経験が豊富であれば誰でもできるカウンセリングといえる。例えば、職業指導や就職のための指導などは「キャリア・カウンセリング」や、同僚や友達といった同じ仲間の相談にのることを「ピアー・..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。