教育原論①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数307
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設 題
    『ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ』
    ―ペスタロッチーの生き方―
    ヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチーは、1746年スイスのチューリッヒで医師の子として生まれる。5歳で父を失い、その後母スザンナと家政婦バーベリーによって育てられた。幼年期女性によって育てられたことは、後年教育における女性の重要性を説いたことに影響していると考えることができる。
    また、貧しい人々の救済のために働いていた牧師である祖父の影響で、宗教的信仰を以て救済事業にあたることを決意する。その後、農業革命による人々の救済を目指して1771年「ノイホーフ農場」を設立するが失敗する。そんな中、1774年には貧民院(貧民学校)を設立し、教育活動を開始するも、親たちの理解が得られず、経済的困窮もあり閉鎖に追い込まれる。この頃の教育実践を友人の勧めから、新聞紙上で紹介したことをきっかけに、ペスタロッチーの教育観が認められるようになる。フランス革命を経て、孤児院を運営し、1804年にはイフェルテンで学校を開く。この学校が世間から非常に高い評価を獲得し、ヨーロッパなどから多くの留学生が派遣された。その後、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。