教育方法学①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数274
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題
    従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。
    ―はじめに―
    現在、急速に情報が飛び交い社会の中で、私たちは1秒もかからない間に世界中の情報を手にすることができる。「学校教育」という分野においても、国が全国一律の基準を定めて、どの地域の学校でも、同じような内容とレベルの教育を実現させてきた従来の仕組みを変えて、それぞれの地域と学校の意欲を引き出し、特色があり、個性的で特色があり、創意工夫に満ちた教育活動を実施させていく仕組みへと変わってきている。その流れの中で、「教育」とは、「受けさせられるもの」から、人々がそれぞれの目的に合わせて、「選んで受けるのも」へと姿をかえつつある。
     このような状況の中、ここでは主にテキストを参考に、従来の知識伝達を重視した学習と、主体的な学習の特徴から、その授業設定と評価を比較したい。また、授業設定や評価の留意点から、これからの教師に必要な考え方を模索したい。
    ―新教育課程から―
     新教育課程では、「基礎的な学力A」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。