国語科教育法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数337
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題
    「やまなし」の教材研究を行うとともに、事例(p.142-170)の児童の発言を考察しなさい。
    第1節 教材について
    「やまなし」は宮沢賢治独特の造語や比喩表現が駆使された、非常に幻想的な作品である。「クラムボン」や「イサド」といった造語、「かぷかぷ」「もかもか」などの擬態語や擬音語、様々な箇所に存在する美しい比喩表現が多く使われており、言葉の響きやリズムを感じることが楽しく、音声化に適した作品でもある。また、最初に書かれている「二枚の幻灯」によって、「五月」と「十二月」に分けることで対比的な構造を取った文章構成になっている。そのため、「やまなし」の指導にあたって、表現や言葉などを検討し、児童が情景をイメージできるような授業展開が必要になる。その展開方法としては児童一人一人のイメージから考えたことを書き、発表し、話し合うといった形が良いと考えられる。また、話し合いでは相互に読み取りを深めて情景をイメージすることで、より具体的で広がりがある情景の想像が可能であると考えられる。
    第2節 単元目標について
    「やまなし」の学習目標は2つある。一つは「「五月」と「十二月」の世界の違いや共..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。