生活科概論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数538
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設 題:生活科の目標をふまえた「子どもの遊びの中から生まれる実践」について考察するとともに、考察した実践についての学習指導案を作成せよ。
    生活科の目標をふまえた「子どもの遊びの中から生まれる実践」について
     「遊びも学習である」とは、生活科の重要なキーワードであるが、遊んでばかりでよいのか、遊びが学習といえるのか、など疑問点も多く出された。しかし、遊びを通して子どもたちが多くのことを学ぶ重要性から、現在では、生活科の指導計画には、「公園で遊ぼう」「秋と遊ぼう」「つくって遊ぼう」などの単元が見られる。そして、結果的には、おおむね意欲的に学習や生活をしようとする態度が育っているという評価がされ、生活科が子どもたちを生き生きさせることに寄与していると考えられている。
    一方で、単に活動するだけにとどまっていて、自分と身近な社会や自然、人にかかわる知的な気付きを深めることが十分でない状況も見られるといった指摘があった。そのため、平成9年教育課程審議会の中間まとめにおいて、教育課程の基準の改善の基本方針が示され、「知的な気付き」を大切にすることの重要性が謳われた。
    そもそも気付きというのは、子ども..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。