道徳教育の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数362
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題
    「生きる力」の育成と道徳教育について述べよ。
    ―はじめに―
     今日、私たちはメディアを通じて毎日のように伝えられる社会問題と関わっている。例えば、原油製品の高騰に象徴されるエネルギー問題、食料自給率39%(平成18年度:農林水産省)とされる食料問題、50年後の日本は3人に1人は65歳以上とされる少子高齢化社会への課題など、私たちが直面する社会問題は山積みである。しかし、これら大きな社会問題、あるいは環境問題と自分との関係は見え難いものとなっており、多くの人々が「まさか自分と関係している」とは感じてはいないといえるのではないだろうか。今年7月に行われた、地球レベルの環境問題(地球温暖化など)に対して、具体的な行動(解決に向けた取り組み)を話し合う北海道洞爺湖サミットに興味を持ち、「自分も行動しよう」と考えた人はどれほどいるだろうか。
    科学技術が発展し、高度に国際的で変化の激しい時代が子どもたちの教育、特に子どもたちの「生きる力」を育むための環境づくりに与える影響は大きい。先行き不透明な時代には、従来のように学校時代に習得した知識や技術を大事に保持していれば、それですむというわけには..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。