着うたビジネスにおける著作権問題改

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数574
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    着うたビジネスにおける著作権問題
    wide_road
    はじめに
    法律という言葉を耳にしたとき、誰もが「法律=難しいこと」と考えるであろう。実際、法律関係の用語は難しい漢字ばかりであるし、教科書も実に堅苦しい。そういった書物を見たり、用語を聞いたりすることで、法律を学んでみたいという意欲をそがれる人は多いはずである。また、法律が苦手だ、自分には関係のない世界だという人のためにも、誰もが身近に思えるテーマを挙げ、それに関する問題点を挙げ、この論文を読んだ人が「読む」のではなく、ともに「考える」という行動をとってほしいという考えに至った私がいた。そもそも、そのような堅苦しい教科書や用語は、私自身も嫌いであり、私自身が堅苦しいテーマを選びたくないというのが本音であった。また、竹内先生が古すぎるテーマは意味がないと言ったため、比較的新しいことで、ほかの人と違うテーマで、かつ、誰もが犯罪者になり得る問題点を考えた。
    そこで思いついたのがインターネットであった。インターネットはその匿名性から様々な紛争の危険性が危惧されている。またwinnyでの個人情報の流出などが騒がれているが、インターネットといっても、そのジャンルは幅広くなかなかテーマを絞れないでいた。
    最初はインターネットについての音楽著作権についての論文を書こうと思っていたが、それでも、まだ絞らなくてはならず、今や国民のほとんどが所有している携帯電話、その着信音の著作権について考えていこうと決めたのである。
     携帯電話の着信音といえば、電車の中や学校の教室の中、そういったところでは非日常的な違和感のある無機質な音であるが、ふと日常に振り返ったときその音を意識する人は少ない。だが、そんな所にも法律上の問題点は存在しているのである。
     違法な音楽ファイルのダウンロードという一項目についても、単に違法であるという認識がなかったり、実際にどのくらい権利侵害が行われているのか、また、どのような法律に基づいて権利侵害とするのかなどその背景には様々な問題が見え隠れしている。
    第1章 音楽著作権の現状
    第1節 著作権法の変遷
     日本初の著作権法は1899年に制定された旧著作権法である。現行の著作権法は、1970
    年に全面改正されたもので、全124条からなり、著作者に保障される権利を規定するものである。著作物の保護期間は、著作者の生存期間および著作者の死後50年である。
     著作権(コピーライト)という概念は世界的に見れば、15世紀にグーテンベルクの印刷術が確立し、読者層が広まったことに始まる。以前では聖職者や貴族など、一握りの人たちしか得られなかった書物を民衆が手にすることができるようになり、16世紀にはヴェネツィアなどで出版権が認められるようになった。最初の成文法は1709年にイギリス女王アン治世に制定された 。しかし、著作権の対象が印刷物以外に適用されるのは19世紀に入ってからである。
    第2節 ケータイ業界の現状
     携帯電話は、1979年に世界初の実用化が我が日本で行われた。当時は高価で普及にも時間がかかったが、1994年ごろから右肩上がりで契約者数が増え、1996年1月の累計契約数が8,670(千台)、1998年1月が29,476(千台)、2000年1月が49,103(千台)、2002年1月が67,755(千台)、2004年1月が80,506(千台)、2007年12月が100,525(千台)
    となっており、2007年12月には累計契約数が1億台を突破している 。
     近年の携帯電話では、通話に限らずメール、アプリ(ゲ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    着うたビジネスにおける著作権問題
    wide_road
    はじめに
    法律という言葉を耳にしたとき、誰もが「法律=難しいこと」と考えるであろう。実際、法律関係の用語は難しい漢字ばかりであるし、教科書も実に堅苦しい。そういった書物を見たり、用語を聞いたりすることで、法律を学んでみたいという意欲をそがれる人は多いはずである。また、法律が苦手だ、自分には関係のない世界だという人のためにも、誰もが身近に思えるテーマを挙げ、それに関する問題点を挙げ、この論文を読んだ人が「読む」のではなく、ともに「考える」という行動をとってほしいという考えに至った私がいた。そもそも、そのような堅苦しい教科書や用語は、私自身も嫌いであり、私自身が堅苦しいテーマを選びたくないというのが本音であった。また、竹内先生が古すぎるテーマは意味がないと言ったため、比較的新しいことで、ほかの人と違うテーマで、かつ、誰もが犯罪者になり得る問題点を考えた。
    そこで思いついたのがインターネットであった。インターネットはその匿名性から様々な紛争の危険性が危惧されている。またwinnyでの個人情報の流出などが騒がれているが、インターネットといっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。