エンジニアリング概説レポート1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数208
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    はじめに。
    今回は冷蔵庫、冷凍庫の冷える理由を調べていくうちにコンプレッサーが使用されておりこのコンプレッサーはそのほかさまざまなものに使われていることがわかり調べてみることにしました。
    コンプレッサーとは。
    コンプレッサーは、圧縮空気を作り出すための機械であり、作り出された圧縮空気が各種の空気圧利用機器に用いられるわけです。これらの空気圧利用機器は、それぞれ用途によって、使用する圧力や空気量が異なるため、圧縮空気を作り出すコンプレッサーもそれぞれに応じていろいろの種類があります。一般的には、吐出 圧力、空気量によって適した種類と大きさ(出力)が決められます。
    コンプレッサーの分類。
    これらの方法は、それぞれ特徴を持っており、下表のような機構のコンプレッサがあります。往復式は、高圧空気を得るのに適し、タ-ボ形は低圧で、空気量を多く得るのに適しています。また、回転式は、その中間的なものといえるでしょう。 コンプレッサーは、このように気体の圧力を高めるためのものですが、0.1MPa以上にする場合にコンプレッサーと呼び、それ未満の場合は送風機と呼ばれ、タ-ボ形と一部の回転式が採用されています..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。