景気変動と景気動向について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数474
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    景気変動・景気動向について
    今日本は戦後最長の景気回復の真っ只中にいるが、国民の生活が豊かになっているという実感はない。これは今の日本の経済構造そのものに問題があるからである。しかもこれらの問題は全て人口減少に起因している。そこで、ひとつひとつの問題について原因と解決法を論じていこうと思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    景気変動・景気動向について
    今日本は戦後最長の景気回復の真っ只中にいるが、国民の生活が豊かになっているという実感はない。これは今の日本の経済構造そのものに問題があるからである。しかもこれらの問題は全て人口減少に起因している。そこで、ひとつひとつの問題について原因と解決法を論じていこうと思う。
    まず、一つ目は財政赤字についてである。これは社会保障が最大の原因である。今の日本は年金において付加方式をとっている。これは4万円納めたら年金として20万円もらえるという制度であり、昔は労働人口が多かったためにこの差額の16万円についても問題はなかったのだが、今は人口減少により、労働者数も少ないために、国の貯金からこの16万円を出していることになり、これが財政赤字に繋がっている。この問題の解決法として、年金制度を11万円収めたら10万円もらえるという制度に変更するべきである。この制度は一見明らかに損をしている様に見えるが、自分で貯蓄をしてもいつまで生きていられるか分からず、貯蓄が尽きた所で餓死してしまうということになりえるため、この制度を利用した方が結果的に安全なのである。しかし今の日本では、選挙で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。