オーブリービアズリー人物分析

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数578
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート医療分析生物生命象徴神話世界精神特徴

    代表キーワード

    医療

    資料紹介

    【分析対象の限定、その他備考】                                       
    ◆ビアズリーという1人の挿絵画家を論ずるにあたって、彼の生い立ちや経歴については、共通の事実として様々な資料にすでに明示されているので、本レポートにおいてはそれらの記述は省略する。
    ◆彼の挿画の特徴的要素として「性的描写」がある。彼の性的関心は画業に非常に強く現れており、これに関する分析は多数行われていることから、同様に分析対象から除外したい。
    ◆その妖気漂う独特な作品たちや・・・

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【分析対象の限定、その他備考】                                       
    ◆ビアズリーという1人の挿絵画家を論ずるにあたって、彼の生い立ちや経歴については、共通の事実として様々な資料にすでに明示されているので、本レポートにおいてはそれらの記述は省略する。
    ◆彼の挿画の特徴的要素として「性的描写」がある。彼の性的関心は画業に非常に強く現れており、これに関する分析は多数行われていることから、同様に分析対象から除外したい。
    ◆その妖気漂う独特な作品たちや、彼自身の短命ながらも壮絶な生涯から、専門家によりビアズリーの挿画についての分析がなされた文献は数知れない。今回、課題に取り組む上で本レポートの独自性が失われてしまうことを恐れ、それらの文献にはあえて目を通さないこととした。
    【結核は18年間をかけて彼の心身を蝕んでいった】                        
    ビアズリーが医師によって肺結核であると診断されたのは、彼がまだわずか7歳のころである。それから1898年の死に至るまでの18年間、ビアズリーは常に不治の病への恐怖、絶望と向き合いながら生き..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。