戦後復興期・高度経済成長期による現代のひずみ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,216
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    戦後復興期・高度経済成長期による現代のひずみ
    ―サブプライムローン問題、そして地球温暖化問題の日本における原点とはー
    現在、今後さらに深刻化することが懸念され、世界で優先的に対策を考えるべき最重要課題として取り扱われている社会問題が大きく2つ存在する。8月半ば頃に表面化し、世界に同時株安を引き起こしたアメリカの「サブプライムローン(低所得者向け住宅ローン)問題」と世界中で洪水や干ばつなどの異常気象が頻発し、年々着実に地球の平均気温の上昇が進行しているという「地球温暖化問題」である。環境問題に関して言えば・・・

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    戦後復興期・高度経済成長期による現代のひずみ
    ―サブプライムローン問題、そして地球温暖化問題の日本における原点とはー
    現在、今後さらに深刻化することが懸念され、世界で優先的に対策を考えるべき最重要課題として取り扱われている社会問題が大きく2つ存在する。8月半ば頃に表面化し、世界に同時株安を引き起こしたアメリカの「サブプライムローン(低所得者向け住宅ローン)問題」と世界中で洪水や干ばつなどの異常気象が頻発し、年々着実に地球の平均気温の上昇が進行しているという「地球温暖化問題」である。環境問題に関して言えば、環境省の調査結果では、2004年の時点において日本における年間の温室効果ガス排出量はおよそ10トンに達しており、その膨大な数値は世界ランクではすでにアメリカに次ぐ2位の座に君臨している事実を明らかにしている。この2つの世界規模で生じている社会問題は共通して解決には相当な時間を要することが予想されている。一体これら2つの問題は何を起因にして生じたのだろうか。これら2つが何をきっかけに、そしていつ生じたのかについて本レポートで言及していきたい。
    世界において経済成長や産業発展、革命運動など..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。