日露戦争の必然性

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数401
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本情報戦争社会メディア国際韓国戦略ロシア平等

    代表キーワード

    国際

    資料紹介

    日露戦争の必然性~世界への、そして情報化社会への第1歩~
     日露戦争とは、その概要を端的に述べてしまうと、「明治37年(1904年)2月の開戦から翌明治38年(1905年)8月のポーツマス講和会議までの18ヶ月にわたり、満州・朝鮮の支配権をめぐって日本とロシアとの間で戦われた戦争」を言う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日露戦争の必然性~世界への、そして情報化社会への第1歩~
     日露戦争とは、その概要を端的に述べてしまうと、「明治37年(1904年)2月の開戦から翌明治38年(1905年)8月のポーツマス講和会議までの18ヶ月にわたり、満州・朝鮮の支配権をめぐって日本とロシアとの間で戦われた戦争」を言う。日露戦争は、日本の国力の消耗、そしてロシアの国内での革命勃発などの要因により、戦争は日本の勝利というかたちで終結した。偉大なる勝利とは裏腹に、日清戦争後にさらに急増した税負担やポーツマス条約における賠償金請求の放棄、獲得領土や権益の不平等性などから、日本国民は政府の軟弱さを批判し、日露戦争を屈辱的なものと評価した。しかし、明治27年に勃発した日清戦争に加え、この日露戦争における日本の勝利は、日本を新たなステージへと導く契機となり、日本の今後における国際的地位の確立、および情報化社会の発展という観点から見ても非常に重要な意味を持っていた。日露戦争において日本がどのようにして巨大勢力であるロシアに打ち勝つことができたのか、そして戦後日本の勝利が日本に、また世界にどのように影響を及ぼしたのかについて、情報戦..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。