詩人分析およびその社会にもたらす影響

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数360
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【レポートにて取り扱う詩人:Sylvia Plath】                  
    "I have done it again.  “またやりおおせた。 One year in every ten  十年に一度、 I manage it ― “   私はやってのける──”
    Sylvia Plathは31歳にして、"Lady Lazarus(“蘇りの女”)”での予告通り自ら命を絶ち、この世を去ってしまった。彼女の生涯は、30年というとてもわずかなものであったが、それにもかかわらず、その人生は没年に至るまでかなり壮絶であったといえる。
    【「死」「葛藤」「運命」「悲嘆」というテーマ】      

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【レポートにて取り扱う詩人:Sylvia Plath】                  
    "I have done it again.  “またやりおおせた。 One year in every ten  十年に一度、 I manage it ― “   私はやってのける──”
    Sylvia Plathは31歳にして、"Lady Lazarus(“蘇りの女”)”での予告通り自ら命を絶ち、この世を去ってしまった。彼女の生涯は、30年というとてもわずかなものであったが、それにもかかわらず、その人生は没年に至るまでかなり壮絶であったといえる。
    【「死」「葛藤」「運命」「悲嘆」というテーマ】                    
     Sylvia Plathはその溢れる文学的才能から生涯で多くの詩や小説を描くこととなり、その構成や表現技法などといったスタイルは詩人としての成熟とともに次第に確立されていったが、作品におけるテーマは終始一貫し、それらは彼女の中で大きな影となって存在し続け、常に彼女を覆い隠していた。「死」や「葛藤」、「運命」や「悲嘆」といったものである。Sylvia Plathの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。