シェイクスピア作品の見解

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,892
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.秋学期で扱った作品                             
    Ⅰ.【Othello オセロー】                                   
     オセローは、表面的には忠実な部下イアーゴーの計略にはまった男の嫉妬の話で陰謀、衛策を中心としたメロドラマ風な物語である。この作品の特徴は、たとえばシェイクスピアの他作品であるハムレットではメインストーリーの他にオフィーリアのようなサブプロットが存在するのに対し、オセローは・・・

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.秋学期で扱った作品                             
    Ⅰ.【Othello オセロー】                                   
     オセローは、表面的には忠実な部下イアーゴーの計略にはまった男の嫉妬の話で陰謀、衛策を中心としたメロドラマ風な物語である。この作品の特徴は、たとえばシェイクスピアの他作品であるハムレットではメインストーリーの他にオフィーリアのようなサブプロットが存在するのに対し、オセローはストーリーや構成が単純でありジェラシーがどう発生するかが見物でもある。イアーゴーの人間性、悪への傾倒。オペラによってより鮮明になるオセローの人間性の中の2つの側面、嫉妬、口付けの主題などがある。
    映画の第一幕はイアーゴーとロデリーゴの登場から始まる。イアーゴーは見かけとは違い、言っていることと本心とが異なる男である。つまりは“I am not what I am”ということである。オペラでオセローとデスデモーナの初登場のシーンでは弦対主体の優しい曲で、更にオペラのお約束でもある愛の二重奏で表現している。映画では、ただ悲劇というだけでは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。