心臓、瞳孔、胃腸壁に対する交感神経、副交感神経の働きについて記述しなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数2,099
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があり、この両神経はつねに一定の緊張状態を保っているが、互いに相反する作用をもっているので、その興奮状態の差によって一方の神経の作用としての働きが生まれる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があり、この両神経はつねに一定の緊張状態を保っているが、互いに相反する作用をもっているので、その興奮状態の差によって一方の神経の作用としての働きが生まれる。自律神経の支配をうける器官には必ず交感神経と副交感神経とが常に対となって分布している。この両神経が生活条件に対して正しいバランスを保つことは、健康維持のために最も重要なことである。
     交感神経は昼間、活動的なときに活躍する神経であり、交感神経が働くと、瞳孔は拡大し、心臓の拍動は速くなり、血管は収縮して血圧を上げ、体はエネルギッシュな状態になる。
     副交感神経は体を緊張から解きほぐし、休息させるように..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。