ウエイト・トレーニングについて、その目的、方法を記述しなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数528
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    人体を刺激に適応させて、その作業能力をいかに発達させるかがトレーニングである。トレーニング、すなわち体力の向上は繰り返し行い、それに応じて少しずつたかまっていくが、それを中止すると減少していくものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     人体を刺激に適応させて、その作業能力をいかに発達させるかがトレーニングである。トレーニング、すなわち体力の向上は繰り返し行い、それに応じて少しずつたかまっていくが、それを中止すると減少していくものである。
     各種トレーニングがある中でウエイト・トレーニングについて述べる。
     重量物をもって行うトレーニングであるが、必ずしも重量物をもたなくても、バネやバーを用いてもよい。筋肉の肥大、筋力の増加をねらいとしている。1日1回、6~10秒間最大努力すれば良いとされている。用具としてバーベル(barbell)、ダンベル(dumbbell)、エキスパンダー(expander)、リスト・ローラー(wris..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。