社会科における教科内容と教材・資料について述べつつ、それぞれの関係について述べなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数290
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「教科内容」とは教科の内容であり、「教材」とは「教科内容」を教えるために取り上げられる具体例で、典型的な事例なのである。具体的であるとは、子ども達が実際に見たり聞いたりしたり(観察・調査)、されたり(経験)ができることである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「教科内容」とは教科の内容であり、「教材」とは「教科内容」を教えるために取り上げられる具体例で、典型的な事例なのである。具体的であるとは、子ども達が実際に見たり聞いたりしたり(観察・調査)、されたり(経験)ができることである。あるいは、経験ができなくても、自分の類似した経験に当てはめて考えることができることである。典型的であるとは、他の具体的な事物や事象を見ていくときの観点を形成できることである。
     「材」とは、生のままの教材、つまり物事や事象そのものである。「教材」とは、「材」に子どもの興味・関心、既有の経験、問題意識(自動の実態)などから検証を加えたものである。「材」をそのまま子ども達に与..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。