いじめ問題の国際比較と通して、その共通性と異質性について具体的に説明せよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数465
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    いじめの国際比較
     いじめは日本固有のものではなく、イギリス・アメリカ・中国など、およそすべての国においても存在するが、それぞれの国によって社会的背景が異なることから、発生要因も特徴も違ったものとなっている。我が国のいじめは陰湿で見えにくいのに対して、外国におけるいじめは「男子の暴力的色彩が強い」からであるといわれ、どの国においてもいじめが強いものから弱いものへと向かう構図は世界共通である。
     アメリカのいじめは社会経済に見た場合に低位な環境で頻発しており、教師や学校が恵まれた条件にない場合にも多く発生するということである。
     イギリスではいじめによって自殺する子ども達が現れ始め、学校の存在を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。