新しい学校の荒れ、としての「学級崩壊」について解説し、教師はその問題にどのように対処すべきかについて述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数633
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学級崩壊」
    学級崩壊とは①担任教員が教室に入ってもざわざわして私語が絶えず、注意しても聞かない②授業が始まっても席に着かない児童がおり、半数近い児童が教室の外に出てしまう場合がある③教員に暴言を吐いたり暴力を振るう。といった授業不成立の常態化現象を学級崩壊と捉える。このような学級崩壊は学年や地域特性あるいは教員の性別やキャリアの長短にかかわらず有能なベテラン教師の学級でも生起する現象であるとして、単純に教員の力量やキャリアの問題に還元できない困難な問題であるという共通理解が示されている。
    その原因の多くは学級経営の柔軟性の欠如・問題行動への対応の悪さが主で教員の指導力不足を主因とするケースが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。