微生物生理生態学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数198
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    微生物生理生態学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「自然界における硫黄の循環と細菌について」
    生物圏において、化石燃料の燃焼による大気への二酸化硫黄の硫黄原子の排出量は0.7億t/年である。大気における二酸化硫黄の滞留時間は数日と見積もられている。大気中の二酸化硫黄ガスは刺激臭を呈し、ヒトの呼吸疾患や農作物の収量減少を引き起こしている。また、二酸化硫黄ガスは雨水に溶解してpHを下げ、酸性雨の原因物質となっている。酸性雨はヨーロッパなどの森林や湖沼生態系などの衰退を引き起こしている。
    硫黄は含硫アミノ酸、ビタミンB1、コンドロイチン硫酸の構成元素であり、生体に不可欠な元素である。この硫黄は、さまざまな生態系に豊富に存在するため、生物の増殖や代謝..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。