「グラフィティ」の分析

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数507
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「グラフィティ」の分析
                                     
    はじめに 
    幻想小説作家として分類されるアルゼンチン出身のフリオ・コルタサル(1914-1984)。彼の執筆した「グラフィティ」(1980)を分析することで、彼が作品にどのような意味を込めたのかを検討していきたい。
    1、「グラフィティ」
     短編小説「グラフィティ」はフリオ・コルタサルによって1980年に執筆された作品である。物語は語り手の「あなた」という二人称によって進行していく。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「グラフィティ」の分析
                                     
    はじめに 
    幻想小説作家として分類されるアルゼンチン出身のフリオ・コルタサル(1914-1984)。彼の執筆した「グラフィティ」(1980)を分析することで、彼が作品にどのような意味を込めたのかを検討していきたい。
    1、「グラフィティ」
     短編小説「グラフィティ」はフリオ・コルタサルによって1980年に執筆された作品である。物語は語り手の「あなた」という二人称によって進行していく。
    あなたは壁に色チョークを使った画を描きはじめた。 そして、あなたはある日自分の落書きの隣に別の落書きを見つける。線の描き方、画の持つ雰囲気からそれが女性のものであることもわかる。あなたの落書きに彼女が呼応する。あなたは「彼女が少しばかりすきになったのだった。」(コルタサル,2008:149)
     しかし、ある日事件が起こる。あなたは、あなたの落書きに返事をしていた彼女が警察に連れ去られてしまう現場を目撃する。彼女に行われるであろう拷問を想像し、悲しみにくれるあなた。
     1ヵ月後、あなたは「誘惑に抗えず、(略)同じ場所、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。