・55年体制

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数661
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    55年体制自民党社会党

    代表キーワード

    社会党

    資料紹介

    55年体制
    10月に、サンフランシスコ講和条約、日米安全保障条約の締結をめぐる対立で分裂していた左派社会党と右派社会党が統一。11月には自由党と日本民主党が合同して自由民主党が結成(保守合同)。与党の「改憲・保守・護持」を掲げる自由民主党と野党の「護憲・革新・反安保」を掲げる日本社会党が二大政党として君臨し、政治を行っていた体制。
     55年体制下ではじめて行われた58年の総選挙で、自民党が全議席の467議席中287議席を、社会党が166議席を獲得した現象は、「一カ二分の一政党制」と呼ばれる。また、自民党から日本社会党への政権交代ができない一方、保守政党は憲法改正のための3分の2以上の議席を確保できなかったことから、政権交代と憲法改正のない体制と言える。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ・55年体制
    10月に、サンフランシスコ講和条約、日米安全保障条約の締結をめぐる対立で分裂していた左派社会党と右派社会党が統一。11月には自由党と日本民主党が合同して自由民主党が結成(保守合同)。与党の「改憲・保守・護持」を掲げる自由民主党と野党の「護憲・革新・反安保」を掲げる日本社会党が二大政党として君臨し、政治を行っていた体制。
     55年体制下ではじめて行われた58年の総選挙で、自民党が全議席の467議席中287議席を、社会党が166議席を獲得した現象は、「一カ二分の一政党制」と呼ばれる。また、自民党から日本社会党への政権交代ができない一方、保守政党は憲法改正のための3分の2以上の議席を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。