占領改革

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数325
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    憲法日本占領改革

    代表キーワード

    憲法

    資料紹介

    占領改革
     日本における連合国軍による統治の実質は、アメリカによる間接統治であり、日本の政治機構をそのまま利用して日本政府に指示・命令する形式であった。
    そしてその占領改革は、第一次世界大戦の処理の反省から、懲罰的意図に優先して民主化・非軍事化という統治システムの改革が目指された。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    占領改革
     日本における連合国軍による統治の実質は、アメリカによる間接統治であり、日本の政治機構をそのまま利用して日本政府に指示・命令する形式であった。
    そしてその占領改革は、第一次世界大戦の処理の反省から、懲罰的意図に優先して民主化・非軍事化という統治システムの改革が目指された。
    初期改革として、①戦犯の逮捕と裁判、②基本的人権の確保に関する諸改革、③公職追放が実行された。
    また、GHQが、天皇制の温存を原則とした憲法を構想する日本政府に任せておいては極東委員会がもつ国際世論から天皇制の廃止を要求されるおそれがあり、それでは占領状態の維持に支障をきたす、と判断したため、早期の占領政策徹底が目..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。