行政法5公定力

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数477
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    行政国家行政行為無効効力判決

    代表キーワード

    行政法

    資料紹介

    公定力とは、行政行為が行われると、それが仮に違法であっても、無効である場合を除き、相手方はもちろん、国家機関も一般第三者も、有権的機関(行政庁・裁判所)によって取り消されるまでは、その行為を有効なものとして承認し、従わなければならなくなるというような効力をいう。根拠としては、実定法の明文規定はないが、行政行為の効力否認に関する特別の争訟手続が存在することを挙げる説が有力であり、近時では、取消訴訟の排他的管轄の問題として説明されることも多い。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    公定力、不可争力、執行力、不可変更力について説明せよ。
    公定力とは、行政行為が行われると、それが仮に違法であっても、無効である場合を除き、相手方はもちろん、国家機関も一般第三者も、有権的機関(行政庁・裁判所)によって取り消されるまでは、その行為を有効なものとして承認し、従わなければならなくなるというような効力をいう。根拠としては、実定法の明文規定はないが、行政行為の効力否認に関する特別の争訟手続が存在することを挙げる説が有力であり、近時では、取消訴訟の排他的管轄の問題として説明されることも多い。
    また、判例では、行政処分が違法であることを理由として国家賠償の請求をするにあたっては、あらかじめそ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。