憲法 二重の基準

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数2,794
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    憲法福祉経済政治自由問題政策表現の自由精神

    代表キーワード

    憲法

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1:二重の基準論を正当化する4つの根拠とその妥当性について説明せよ。
    1二重の基準の理論について
    二重の基準論とは、簡潔に、経済的自由の規制は立法府の裁量を尊重して、緩やかな基準でその合憲性を審査し、精神的自由の規制はより厳格な基準によって審査されなければならないとする理論である。
      その根拠としては、①憲法自体が二重の基準の考えを法文上取り入れていること、②実体的価値序列における精神的自由の優越的価値、③裁判所の審査能力の限界、④民主政の過程との関係における必要性が挙げられる。以下、それぞれを検討し、その妥当性について説明する。
    2各理由とその妥当性
    (1) ①に関し、日本国憲法は、職業選択の自由と、財産権を保障するにおいて、「公共の福祉に反しない限り」(22条1項)、「公共の福祉に適合するやうに」(29条2項)というように、公共の福祉による規制を予定する規定を置いている。
    この点、「公共の福祉」(12条、13条、22条1項、29条2項)の意味をいかに解すべきか学説は分かれるものの、22条、29条においては、その限りでより強い制約を認める趣旨であることは明らかである。そして、二重の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。