憲法幸福追求権

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,693
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    憲法人権自由権利裁判人格役割幸福追求権

    代表キーワード

    憲法

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    幸福追求権の意義に関する代表的な二学説をそれぞれにおける裁判所の役割についての見解も踏まえた上で説明し、論評せよ。
    1. 日本国憲法は、13条前段に「個人の尊重」を規定すると共に、後段をもって、幸福追求権条項を定めた。同条項によって、裁判規範性のある、個人の主観的権利が付与され得ることについては、ほぼ争いはない。基本権カタログに明記されていない権利自由についても、基本権として認められる余地はある。
     そこで、13条によって導き出された新しい人権として承認されるかどうかをどのような基準で判断するか、人格的利益説と一般的自由説との対立がある。以下それぞれの学説を裁判所の役割についての見解も踏まえ説..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。