S0639 幾何学概論 設題1

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数864
ダウンロード数42
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    第1設題
    1.
    (x,y)∈(左辺)
    ⇔(任意のλ∈Nに対して、x∈Aλ)&(任意のμ∈Mに対して、y∈Bμ)
    ⇔任意の〈λ,μ〉∈N×Mに対して、x∈Aλ&y∈Bμ
    ⇔任意の〈λ,μ〉∈N×Mに対して、(x、y)∈Aλ×Bμ
    ⇔(x、y)∈(右辺)
    よって(左辺)=(右辺)

    写像φ:X/~→Yを φ(C(x))=f(x) …①
    と定義する。
    f:X→Yが全射である為、任意のy∈Yに対して
    f(x)=yとなるx∈Xが少なくとも1つは存在するはず。
    すると任意のy∈Yに対して、f(x)=yである同値類を対応させ、写像ψ:Y→X/~を 
    ψ(y)={x∈X:f(x)=y} …②
    と定義できる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題
    1.
    (x,y)∈(左辺)
    ⇔(任意のλ∈Nに対して、x∈Aλ)&(任意のμ∈Mに対して、y∈Bμ)
    ⇔任意の〈λ,μ〉∈N×Mに対して、x∈Aλ&y∈Bμ
    ⇔任意の〈λ,μ〉∈N×Mに対して、(x、y)∈Aλ×Bμ
    ⇔(x、y)∈(右辺)
    よって(左辺)=(右辺)

    写像φ:X/~→Yを φ(C(x))=f(x) …①
    と定義する。
    f:X→Yが全射である為、任意のy∈Yに対して
    f(x)=yとなるx∈Xが少なくとも1つは存在するはず。
    すると任意のy∈Yに対して、f(x)=yである同値類を対応させ、写像ψ:Y→X/~を 
    ψ(y)={x∈X:f(x)=y} …②
    と定義できる。..

    コメント3件

    x 販売
    佛教大学で数学免許課程で提出したレポートです。(当然、合格です。)
    2000円でしたが、1000円に値下げしました。
    2009/05/13 21:41 (7年7ヶ月前)

    ayu0815 非購入
    問題文は2010年度も変更ないでしょうか?
    2010/08/23 0:15 (6年3ヶ月前)

    x 販売
    返事遅くなりました。
    私が調べた限り、2009年までは9割方同じ問題が出ていました。
    2009年と同じ教授が担当であれば、ほぼ同じと思って差し支えないと思います。
    参考資料として活用してもらう分には、まだまだ現役だと思います。
    2010/09/12 22:52 (6年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。