S0642 解析学概論 設題1

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数895
ダウンロード数44
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題
    一般項が次で与えられる数列の収束・発散を調べ、収束する場合には、その極限値を求めよ。
    (1)
    有界であるが、単調増加でも単調減少でもない。
    これは振動である。よって収束しない。
    (2)
    nを自然数と定義する場合、次に示すように有界となる。
     また、
    から単調減少である。よって収束し、極限は2である。
    (3)
    = と変形することができる。
    Nを自然数であると定義すると、明らかに単調減少である。また、次の式であらわされるように有界である。
    よって収束し、極限は0である。
           また、gを0を含む開区間でn回微分可能で、g(0)=1を満たす関数とする。 但し、n次は自然数であ..

    コメント1件

    x 販売
    佛教大学で数学免許課程で提出したレポートです。(当然、合格です。)
    2000円でしたが、1000円に値下げしました。
    2009/05/13 21:45 (7年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。