S0639 幾何学概論 科目最終試験の全問題

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,819
ダウンロード数140
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    S0639 幾何学概論 2007,2006-①
    1.
    P,Q,R=真のときを考える。(真and 真)or真=(真or真)and(真or 真)により成立する。
    P,Q,R=偽のときを考える。(偽and 偽)or偽=(偽or偽)and(偽or 偽) により成立する。
    P,Q=真,R=偽のときを考える。(真and 真)or偽=(真or偽)and(真or 偽) により成立する。
    P,R=真,Q=偽のときを考える。(真and 偽)or真=(真or真)and(偽or 真) により成立する。
    Q,R=真,P=偽のときを考える。(偽and 真)or真=(偽or真)and(真or 真)により成立する。
    P=真,Q,R=偽のときを考える。(真and 偽)or偽=(真or偽)and(偽or 偽) により成立する。
    P,Q=偽,R=真のときを考える。(偽and 偽)or真=(偽or真)and(偽or 真) により成立する。
    P,R=偽,Q=真のときを考える。(偽and 真)or偽=(偽or偽)and(真or 偽) により成立する。
    2.
    自然数Nの集合と集合Xが1対1がついたと仮定する・・・※

    1→M

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0639 幾何学概論 2007,2006-①
    1.
    P,Q,R=真のときを考える。(真and 真)or真=(真or真)and(真or 真)により成立する。
    P,Q,R=偽のときを考える。(偽and 偽)or偽=(偽or偽)and(偽or 偽) により成立する。
    P,Q=真,R=偽のときを考える。(真and 真)or偽=(真or偽)and(真or 偽) により成立する。
    P,R=真,Q=偽のときを考える。(真and 偽)or真=(真or真)and(偽or 真) により成立する。
    Q,R=真,P=偽のときを考える。(偽and 真)or真=(偽or真)and(真or 真)により成立する。
    P=真,Q,R=偽のときを考える。(真and 偽)or偽=(真or偽)and(偽or 偽) により成立する。
    P,Q=偽,R=真のときを考える。(偽and 偽)or真=(偽or真)and(偽or 真) により成立する。
    P,R=偽,Q=真のときを考える。(偽and 真)or偽=(偽or偽)and(真or 偽) により成立する。
    2.
    自然数Nの集合と集合Xが1対1がついたと仮定する・・・※

    1→M..

    コメント1件

    x 販売
    佛教大学の2008年度の幾何学概論の解答です。
    全6パターンのうち、4パターン揃っています。
    2009年度は、教科書の変更がないので、ほぼ同じ出題ですので、参考になると思います。
    2009/02/26 21:25 (7年9ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。