S0645 確率論 科目最終試験 全問題

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,827
ダウンロード数121
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0645 確率論 2008-62,67,2007,2006-①
    白球3個と黒球2個が入っている袋から、1球を取り出し、色を確かめて戻す。この試行を4回繰り返し行う。
    (1) 1回目に取り出した球が白球である確率を求めよ。
    (2) 1回目と2回目に続けて白球を取り出す確率を求めよ。
    (3) 4回のうちちょうど2回白球を取り出す確率を求めよ。
    (4) 4回のうち3回白球を取り出し、1回黒球を取り出したとする。このとき1回目に取り出した球が白球である確率を求めよ。
     
    (5) 白球を取り出す回数の平均値(期待値)と分散を求めよ。
    p=3/5,試行回数nの二項分布であるから、
    平均値(期待値): 分散:
    ある硬貨を6回投げたところ、表が5回、裏が1回出た。 この硬貨について「表が出る確率が1/2である」という仮説を有意水準5%で検定せよ。
    帰無仮説:硬貨の表裏が出る確率に差はない。(p=0.5)(両側検定、危険水準α=0.05)
    上記の仮説を検証するため、表が5回以上出る確率を求める。
    よって危険水準5%を大きく超えている為、帰無仮説は破棄できないので、
    表が出る確率は1/2でないとは言..

    コメント2件

    x 販売
    佛教大学の2008年度の確率論の問題です。
    全6パターンそろっています。
    2009年度は教科書が変わっていないので、問題もほぼ同じだと思われます。
    2009/02/20 22:29 (7年10ヶ月前)

    x 販売
    この資料を元に書いた本番の試験では100点満点を取っています。
    2009/02/26 14:24 (7年9ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。