マーケットデザインについて ミクロ経済学課題レポート1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数528
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ミクロ経済学 レポート課題 マーケットデザイン
    1. マーケットデザインとは何か
    アダム・スミスが国富論で示して以来、経済学において「市場」は神の見えざる手によって最適な需給関係に自動的に調整されるものとされていたが、そのような市場に対する完璧性を否定し、市場の仕組みそのものに問題がある場合(市場の失敗)が存在する事を認識、
    さらには積極的に機能不全に陥っている市場のルールを変更して市場の枠組みを最適化することで需給関係の最適化を図ろうとする考え方。
    市場に失敗に対処する具体的方法としては、
    ・市場に参加する買い手と売り手の数を増加させることで取引成立件数を増やす
    ・情報を開示するインセンティブを強めるルールを作り十分な情報開示を進める
    ・取引を迅速化し、参加者に選択する時間的余裕を与え、市場の混雑を解消する
    の3点が上げられる。
    2. 本文中の各例では、どのような問題があって、経済学がどのように役立っているのか
    例1.腎臓交換市場
    ドナーが身内のレシピエントへの腎臓移植を希望し、不適合で移植できなかった場合に
    腎臓交換市場が存在しないために、他のレシピエントへの腎臓移植に変更すること..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。