世界金融危機

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数349
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     世界金融危機
    サブプライムローン*の焦げ付きによるアメリカでの住宅バブル崩壊をきっかけとして、世界に広がった金融危機。具体的には「株価の暴落、通貨レートの変動、リーマン・ブラザーズ倒産、アメリカ5大投資銀行(ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、メリル・リンチ、リーマン・ブラザーズ、ベア・スターンズ)の消滅、アイスランドの事実上デフォルト、銀行・保険会社・ヘッジファンド等の巨額損失(IMF最大見積もり約1兆4050億ドル)」といった大きな影響が世界各地で同時多発的に発生し、そして今現在もまだ世界は危機の途上であると言える。このような多大な影響を及ぼした元凶であるサブプライム住宅ローンについて、その形成されていく過程から拡大するシステム、世界への波及まで細かく見ていきたい。またシステム上の責任の所在についても言及する。
    サブプライムローン問題の本質
    サブプライムローン問題によって引き起こされたと言われる世界金融危機。果たしてサブプライムローンの何が問題で、如何にして世界金融危機にまで結びついたのか。まず、サブプライムローン問題が深刻化した原因としては「証券化商品の複雑化」と「不..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。