心理学研究法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数417
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    心理学に関する研究論文を読み、①簡潔にまとめる②意見を述べて評価する という課題

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    論文タイトル:矯正施設における公正な社会的相互作用と秩序の認知
    著者:今在慶一朗、内山博之、今在景子
    雑誌名:社会心理学研究 第28巻第2号
    年号:2013年
    ページ番号:94―103
    (1)1560字
     ①矯正施設の職員の役割は、被収容者の管理及び更生、教育である。社会的相互作用はそれぞれあった異なるタイプのものが求められている。
     近年の手続き的公正に関する研究において、権威者が公正、公平であることは、集団への同一性を強める効果があるとされている。集団内で権威者から適切な対応を受けたという印象は、組織の決定に素直に従う等の効果がある。しかし、矯正施設の性質上、被収容者が集団成員としての社会的同一性に価値を見出しているとは考え難い。一方、大学職員に対する研究では、職場から得られる長期的な利得に対する期待がある職員ほど、上司の公正さを評価し、職場に対する態度を変化させていることが分かっている。
     ②通常、集団においては「なにをしたらどうなる」ということが明確であるため、集団成員は利得を確保し不利益を回避し、秩序を維持している。矯正施設においては、改善更生に努力している被収容者に対し規律..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。