【論文要旨】IFRSが企業価値に与える影響―賃貸等不動産の時価開示の観点から―

会員3,024円 | 非会員3,628円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数659
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    本論文の構成
    本論文の構成は以下の通りである。
    第1章 序論
    第1節 IFRS概要
    第2節 本論文の構成
    第3節 本章のまとめ
    第2章 IFRSにおける賃貸等不動産時価の重要性
    第1節 財務数値の変化の調査方法
    第2節 調査結果
    第3節 本章のまとめ
    第3章 賃貸等不動産の時価開示について
    第1節 概要
    第2節 評価方法
    第3節 公開される情報
    第4節 本章のまとめ
    第4章 仮説
    第1節 株式市場の反応
    第2節 株価に織り込まれるタイミング
    第3節 本章のまとめ
    第5章 実証分析
    第1節 サンプルとデータの収集
    第2節 回帰分析
    第3節 CAR
    第4節 土地再評価の実施有無による分類
    第5節 本章のまとめ
    第6章 結論
    第1節 信頼性欠如によるディスカウント
    第2節 株価に織り込まれる時点
    第3節 本章のまとめ
    参考文献
    補足資料
    第1章 序論
    原理原則主義を基礎とした国際財務報告基準(IFRS)採用への流れが世界で進展しており、欧州連合(EU)が2005年に域内上場企業に対してIFRS採用を義務化して以降、各国でI採用が増え続け、現在では100ヶ国以上で採用されている。日本もその例外..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。