研究計画案「M&Aの成功要因」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数20
閲覧数640
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    研究計画案―M&Aの成功要因
    先行研究などの確認
    今後の研究の方向性
    参考文献
    本日の発表内容
    先行研究などの確認
    M&A効果
    肯定派
    BCG・・1992~2002米国企業を対象に株式投資収益率の中央値を調べると積極的にM&Aを行った企業は行わなかった企業よりも29ポイント高かった。
    マッキンゼー・・独自に開発したDVA(deal value added)という指標を用いて1996~2006年における世界の1000件近いM&Aを調査。DVA指数は13.4%となり、付加価値が確認できた。
    否定派
    マイケルポーター・・多角化の成功度を撤退比率で測定。1950~1986年。買収よりも新会社設立のほうが成功している企業が多い。
    ベイン&カンパニー・・1986~2001先進6カ国上場企業1700社を対象に株式投資収益率で調査。成功率は30%にすぎず、目標を達成できたのは58%
    成功
    外部環境要因・・エネルギー、素材、金融は規模の経済の効果が大きく商品の汎用性が高い(ガソリンや紙幣は混ぜても問題ない)ため、開発、生産、流通などにおいて経営統合にかかわる難易度が低い。
    内部資源要因・・企業のDNAを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。