GREEの経営戦略

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,399
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    目次
    1.はじめに
    2.競合他社の整理と産業構造分析
    3.SWOT分析
    4.マーケティング戦略
    5.まとめ

    本稿では経営戦略を主軸として、同社を取り巻くマクロ環境、ミクロ環境、マーケティング戦略、財務などを分析することで、急成長のカギとなったバリュードライバーの発見を追求する。

    分析の前提として、まずは競合他社の整理を行っておきたい。一般的にSNSに…

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    GREEの経営戦略
    1 はじめに
     GREE(グリー)株式会社は、2004年に現代表取締役社長である田中良和氏が個人的に開発したサイトを原点として急速な成長を遂げた。設立年数は浅いものの、今では誰もがその名を耳にしたことがあるほど知名度は高く、同社の株価も右肩上がりである(図表1)。これほどわずかの期間で成長を成しえた原動力は何であろうか。本稿では経営戦略を主軸として、同社を取り巻くマクロ環境、ミクロ環境、マーケティング戦略、財務などを分析することで、急成長のカギとなったバリュードライバーの発見を追求する。
    図表1 グリーの株価と会員数
    2 競合他社の整理と産業構造分析
     分析の前提として、まずは競合他社の整理を行っておきたい。一般的にSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)に分類されるサービスを行っている企業は主にmixi、モバゲータウンのDeNA、海外で世界最大の会員数を持つFacebook、それに次ぐMySpaceが挙げられる。日本ではまだFacebookとMySpaceの利用者が少ないため、現段階ではこの2社と日本企業の3社間で地理的なすみ分けがなされていると見なしてよいだ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。