Google社の経営戦略分析

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,979
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    Googleは、ビジョンと理念を掲げ、それを戦略に落とし込み、その戦略がうまく機能しているか、市場に合致しているかをチェックしつつ必要があればそれを修正するといった一連のプロセスをうまくコントロールしてきたのである。また、提携だけではなく買収を効果的に用いることで急速にサービスの範囲を拡大していった。



    ・ 2004年7月 画像管理ソフトを開発しているPicasaを買収

    ・ 2004年10月27日

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Googleの経営戦略
    1.Googleとは
    Google(グーグル)は、アメリカ合衆国のソフトウェア会社、あるいは、同社の運営するインターネット上での検索エンジンである。
    2.Google設立の背景
    Googleは1998年に、当時スタンフォード大学博士課程の学生だったLarry Pageと、Sergey Brinによって創設された。  その当時、検索エンジンはYahooが主流であったが、Larry PageとSergey BrinはYahooとは全く異なるサーチエンジンの仕組みを作ろうと試みていた。全文検索型エンジン、いわゆるロボット型エンジンはページの登録、解析作業が自動で行われるため労力を必要とせず、情報の反映が早いというメリットがあるが、Yahooが用いていた、「人が判断して作成するディレクトリー型」 いわゆるディレクトリー型エンジンに比べて検索結果の精度に問題があった。だがGoogleは同社が「PageRank」と呼ぶ解析手法によりページの重要性を判断し、全文検索型ながらディレクトリー型並みの精度を実現したのである。  そして2002年には検索エンジンにおいて世界で最も人気..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。