シベリア抑留

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数672
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    シベリア抑留
    10e0275 日高 昌史
    シベリア抑留とは
        日本帝国軍(関東軍―青壮年兵・軍将兵)がシベリア、満州、モンゴルで強制収用・強制労働を強いられた事。
     強制労働を強いられた理由
    スターリンによる日露戦争等による、損益を回復、敗北に対する報復、シベリア・中央アジア開発のため。
    大日本帝国の国体(天皇制)護持のための犠牲
            ↑自国の繁栄のため、無償の労働力を求めていたスターリンに捕虜となる関東軍―青壮年兵・軍将兵を差し出した。
    兵士の捕虜認識のなさ(捕虜の強制労働は国際法違反)
                          ↑当時の首脳らが
               『..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。