統治体制から平和を考える

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数100
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    統治体制から平和を考える                            
    <イスラエルの主な政党>
    カディーマ党(29議席)・・・中道
    党首:エフード・オルメト
    政策:パレスチナからの分離、ユダヤ的で民主的なイスラエルの維持。
       最終的合意と国境線画定の達成
       平和と平等の推進
       首都エルサレムの維持
    労働党(19議席)・・・中道左派・社会民主主義
    党首:アミール・ベレツ
    政策:経済的社会的問題の改善
       パレスチナとの最終合意の決定
    リクード党(12議席)・・・右派・中道右派
    党首:ビンヤミン・ネタニヤフ
    政策:アラブ系イスラエル人の民主的権利
       イスラエルの隣にパレスチナ国家の樹立
    シャス党(12議席)・・・ユダヤ教/民主主義
    党首:エリ・イシャイ
    政策:貧困との戦い
       スファラディーの教育
       宗教機関の援助
    イスラエル・ベイテイヌ(11議席)極右政党、ロシア系移民
    党首:アビグドール・リーベルマン
    政策:パレスチナとの土地及び住民の交換
       犯罪対策
       土曜日の公共交通機関の運営
    国家宗教党・国家統一党(9議席)・・・極右政党連合・西岸撤退..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。