地歴科授業案(文献分析、教科書との比較)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数107
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <リオリエント>
    一・ヨーロッパ中心主義への六つの異論
     <筆者の主張> 
    グローバルな視野で歴史を見る必要があり、ヨーロッパ中心主義には反対である。ヨー
    ロッパで何が起こったかではなく、先進地域であるアジアに目を向けるべきだ。
    <ヨーロッパ例外主義への異論>
    ①ヨーロッパ例外主義はアジアが非合理的、反利益追求的性格、前商業的、非生産的、反資本主義的と言うが、これは的外れだ。アフロ・アジアの経済および金融の発展とその諸制度はヨーロッパの水準を凌ぐものだった。
    ②ヨーロッパは決して例外ではなく、世界で小さな役割しか果たしていなかった。「後発性の有利」。ヨーロッパの経済的参加と発展は、大半の一般的歴史学・社会理論によって実証的にも理論的にも誤って表象されてきた(マルクス、ウェーバー、ブローデル、ウォーラーステイン・・・)
    ③比較という方法が全体を不適切に設定し、場違いなところで具体性を詳細に求めていく、ある「特徴」が、むしろ恣意的に“本質的である”と宣言され、ヨーロッパ以外はそれが欠けているとされる。(ヨーロッパ的基準に基づいて)
    ④生産と蓄積、交換と流通の政治的基盤とメカニズムおよびそれ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。